So-net無料ブログ作成
アニメ 06年10月~ ブログトップ
前の10件 | -

アニメ感想(金曜深夜~土曜深夜) [アニメ 06年10月~]

★コードギアス 23話
ルルーシュについては哀しいの一言です。
望み求めるものを手に入れるためにどんどん傷ついていく姿が哀しいです。
邪魔な心を消せるほど冷徹になれれば楽だったろうに…。
ルルーシュの優しさは彼を苦しめますね…。

さて。
ルルーシュメインで考えるとどうしても哀しいばかりになってしまうので、ここで気持ちを切り替えて個々の感想にいきたいと思います。

まずはC.C.
ギアスの制御ができなくなったルルーシュを抱きしめてあげるシーンがよかったです。
傍にいてくれ、誤ってギアスをかけてしまう心配もないC.C.の存在はルルーシュの救いになってくれることでしょう。
でもその後の脳内会話でまた伏線が。
マリアンヌってルルーシュとナナリーのお母さんの名前ですよね?
あれ?どういうこと?
お母さんとC.C.で何か企んでてその駒がルルーシュってことなの?
え?え?

次にカレン。
ブリタニア人でも生徒会のみんなのことは好きだったんですね。
「逃げてくれるといいけど」との願いはたぶん叶うと思うけど、厄介なのが中に1人、いや2人いますよ。
なにやらごそごそやっているニーナとは今後戦うことになるのかもね。

で、そのニーナですがユフィの訃報を聞いた時のショックの受け方が怖かった!恐ろしかった!
その後の態度もなんだか怖い。
狂気を孕んでいるのでニーナはどうしても好きになれません。

相変わらず爆弾を抱えたままのシャーリーはこれからどう動くんでしょう。
このままではブリタニア人として危ないことになりそうな…。
それは一緒にいるナナリーも同じなんですよね。
ルルーシュがヘマをしない限り彼女たちは大丈夫でしょうが、彼はうっかりミスが多いのでちょっと心配です。

ちょっとどころではなくかなり心配なのがヴィレッタですよ。
チグサなんて日本名で呼び合う仲になって扇といい雰囲気なのにかなりヤバイ状況に陥ってますよ。
死亡フラグは扇に立っていると思っていたのにまさかヴィレッタの方なの?!

殺されちゃっただろうと思っていた桐原氏が生きていたのはびっくり。
カグヤの性格にもう一回びっくり。
キョウト侮れません。
しかしカグヤのあの天真爛漫さはユフィを彷彿とさせます。
カグヤではなくユフィツーと呼びたくなります。
こっちの方がより子供っぽいけど厄介度はユフィとそう変わらないんでしょうね。

復讐を誓うスザクも今まで以上に厄介な相手になりそうです。
憎んでいる相手がルルーシュだと知ったらスザクはどうなるんでしょう。
これ、かなり気になります。
V.V.が出てきて余計なこと吹き込んだような感じがするからいろいろ気になるなあ。

オレンジはおいしいとこ持っていきましたね。
おはようございました。

次回の24・25話は夏に放送するそうです。
間が空きすぎるとテンション落ちちゃいそうだけど、全力で期待してますよ!


★少年陰陽師 最終話
総評:普通です。
原作を知っていると物足りなさを覚えてしまってダメでした。
だって小説では何度読んでも号泣してしまう昌弘と紅蓮の例のシーンでほんの少ししか心が動かなかったんだもん。
じい様の「そんなお願い聞いてやるのは本当はいやだったよ」との台詞でうるっとしただけでしたよ。
正直つまんなーい。

川のほとりでじい様にひどいお願いをしたと後悔する昌弘の台詞がなかったのも個人的にはマイナスです。
この台詞は入れて欲しかった。
それと、まだ続きますという終わり方にしたのもあまり良くなかったのではないでしょうか。
2期があるならいいけどないのなら原作を知らない人には中途半端にしか思えないのではないかと。

原作あり&連載中だといろいろと見せ方が難しいのはわかるけど、もう少しどうにかしてもらいたかったです。


★神様家族 最終話
見ていたので総評:普通です。
話は好きだったんですが最終回の強引な締め方は好きではなかったです。
いろいろ説明不足で詰め込みすぎ。
自分の武器は説得なんて佐間太郎は言ってたけどフミコを倒したあれはどう見ても説得じゃないでしょ。
それに成長したと言われているけど、佐間太郎の成長が見ていてまったくわかりませんでした。
何か成長していた?

OPが好きなのでCD欲しいのに売ってないんですよねー。
本編の終わり方よりそっちの方が残念です。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

アニメ感想(水曜深夜) [アニメ 06年10月~]

★Project BLUE 地球SOS 最終話
総評:もう少し頑張って欲しかったです。

1、2話はわくわくしてとっても楽しかったけどその後は…。
それが売りだとわかっていてもあまりに多い突っ込みどころに疲れてしまいましたよ。
世界観は好きだったのに話に厚みがなかったし、最後も見せ場はあったのに盛り上がらずに終わっちゃうし。
期待が大きかった分かなり残念です。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

アニメ感想(火曜深夜) [アニメ 06年10月~]

★ゴーストハント 最終話
これも一応最後まで見たので総評:普通です。

漫画とほぼ同じ内容、同じ進み方でした。
でも先を知っていてるから見る気が起きないってことはなかったです。
なので原作付きアニメとしては成功した方なんじゃないでしょうか。

しかし、原作である小説がすべて漫画化されているわけではないためか、散りばめられていた伏線を回収できないままとなっているので少々消化不良な感じが残ります。
もし2期があるのならゴーストハントシリーズの残り全部と、続編である悪夢の棲む家をやってもらいたいですね。
OP曲は好きだったのでそのままにしてもらえると嬉しいな。

最後にちょっと個人的な愚痴を。
声も演技も好きだけど麻衣ちゃん役の中の人の息継ぎがものすごく耳について嫌でした。
気にならない人は気にならないと思いますが私は思いっきり気になっちゃったので麻衣ちゃんの台詞になると話に集中できず。
他の作品の時はそんなことなかったのになぜか今回はダメでした…。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

アニメ感想(月曜深夜) [アニメ 06年10月~]

★SHUFFLE!MEMORIES 最終話
一応全部見たので総評:もっと頑張りましょう。

このアニメはWOWOWで放送した「SHUFFLE!」のディレクターズカット版だったそうですが、もうちょっと構成をどうにかできなかったのかと言いたいです。
わざわざヒロイン別に話をまとめたのにどれもこれも掘り下げが中途半端で個人設定が生かされていないのでは意味ないですよ。
リシアンサスとネリネはほっとんど目立ってなかったので個別話をする必要すらなかったのでは?
ほぼ同じ内容だった楓ちゃん編とプリムラ編は1つにまとめてもよかったんじゃない?
つーか、あれもこれも手を出して収拾がつかなくなったって感じなのでこういうことを考えることすら無意味?

自分を憎ませてでも楓ちゃんに生きる希望を与えようとした子供の頃はすごかったけど大きくなってからはこれっぽっちも魅力的に思えない稟くん。そんな稟くんに群がるヒロインたち。という構図も納得いかなかったです。
あんなひどい男のどこがいいのかさっぱりわかりませんよ。
ハーレム状態を作るのならそれに見合う理由もつけろ。

と、文句をたくさん言いましたがひとつも褒め所がなかったわけではありません。
他のヒロインは後ろ向きで病んでる人が多かったので好きになれなかったけどプリムラは別です。けなげでかわいくて好きだー。
楓ちゃん編とプリムラ編後半の話もよかったと思います。
壊れていく楓ちゃんの恐ろしさとそれを支えるプリムラのけなげさが出ていて面白かったです。

そして最終回の番外編もよかった。
テンポがよくてとても楽しめました。
特に後半の楓ちゃんが壊れ始めた頃からがよかったですねー。

精がつく物を作ると言いながら鰻の頭を次々に落としていく楓ちゃん。
それでは背開きも腹開きもやりにくいよ!一体あなたは何を作る気なの!
とにかく怖いし危険だから包丁は置いてね?ね!!

そんな楓ちゃんに引く亜沙先輩。
見ているだけでも怖いのに標的にまでされちゃったら怖いどころじゃないよね!
コン…コン…コン…とのドアノックもこわーーーー!!

みんなが消えて自分だけが残されちゃったリシアンサス。
「どーして私だけおみそなのー」との嘆きがかわいかった。
亜沙先輩作の縛りもちょっとよかったー。

ひとり有意義にバカンスを楽しむプリムラ。
カキ氷・鰻丼をがっつり食べるプリムラがかわいかったです。
「何プレイ?」と頬染めながら突っ込むプリムラがかわいかったです。
願いを叶えてくれる魚をぽいっと捨てちゃうプリムラがかわいかったです。

このノリで他の話も作って欲しかったです。残念。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

アニメ感想(土曜深夜~日曜) [アニメ 06年10月~]

★少年陰陽師 25話
思っていたより展開が遅かったです。
今回昌弘があれして最終回でこれすると思っていたのにじー様メインの話でしたよ。
説明が必要なのはわかるけど主人公である昌弘の出番が2週もなかったのは納得いきませんよ?

玄武は敵を押し返し、太陰や白虎たちは敵を切り裂いている。
違いをちゃんと出しているのにはちょっと感心しました。
でも原作を知らない人はなんでそんな違いがあるのかわからないと思うので演出としてはいまいちかな。

★京四郎と永遠の空 最終話
総評:わりと良く出来てました。

空を好きになれなかったので最後の京四郎とのやりとりはまーったく感動できませんでしたが、変態カズヤ兄さんは楽しかったし、ソウジロウはいい男だったし、かおんとひみこは幸せになれたし、わりと満足できました。
最初と最後がリンクしているのもまとめとしては綺麗だったと思います。
空が消えた後せつなの優しさにすがる京四郎にはムカつきましたけどね。

せつなはあれで本当によかったんでしょうか。
自分の中でちゃんとけじめをつけられたようだったのでそれはよかったけど幸せにはなれてないような…。
せつながいいと言うのなら外野は黙るしかないですけど、でもねぇ。
納得できない…。

納得できないわけではなく、意味がわからなかったのがカズヤ兄さんが倒れた理由です。
絶対天使並に超人で絶好調だったのに何でいきなり倒れたんでしょう。
両思い確実だと信じていたチェーロにふられたからですか?
それとも他の要因が?
話を見ていてもそれがわかりませんでした。
誰か真相を教えてー。

★牙 最終話
総評:良く出来ました。

主人公であるゼッドの成長は遅いわ、中だるみが長いわ、やたらと人が死ぬわで途中何度切ろうと思ったかわかりませんが、とにかくノアとゼッドが再び親友に戻れることだけを信じて見続けてきました。
なのにこんな終わり方かい!との不満はあるものの、そこそこ良かったんじゃないでしょうか。
でもこんなに長くする必要性は感じませんでした。
もう少しクールを短かくして内容を凝縮させたらもっと見ごたえあったと思う。

最終話だけで言うなら良くあるパターンで意外性がない終わり方はいまいちでした。
ギンガが生きていたのにはびっくりしたけどなんで生きていたのかという説明が一切ないのはどうなのか。

あんな風に本編に絡める必要があったのかわからないジーコもどうかと思います。
説教好きのじーさんかと思っていたら自分のわがままでサラとゼッドを振り回し、後悔している風なことを言いながらも言葉と行動はまったく違い、なのにしたり顔でまたゼッドに説教するジーコには最低との言葉を送ります。
力を求めておふくろをダメにしちまったのはてめーじゃねーか!とのゼッドの叫びを真摯に受け止めやがれとも付け加え。
あ、これは最終回感想というよりジーコに対する文句か。

気を取りなおして。
ダイアナをお姫様だっこできるくらい元気だったノアが車椅子にぼーっと座っていたのはなぜなんでしょう。
紙飛行機を手に取ったゼッドの目の色が変わっていたのは?
行こうぜアミル・ガウルとの言葉でゼッドに翼が生えたのは?

ゼッドの変化はアミル・ガウルと融合しているからとでも言うんでしょうか。
それらしい前フリもなく視聴者の想像にお任せしますと丸投げするのは不親切ですよ。
他は省いてもノアとゼッドに関してはきっちり説明して欲しかったです。
やっと親友に戻れたゼッドとノアを引き離した理由も説明しろー!

これだけ不満が多いのに総評が良く出来ましたというのもちょっと変ですよね。
最終回へ向かっての盛り上がりは良かったけどそれだけではこの評価は甘いか。うーん。
では総評は、普通と良く出来ましたの間。ってことにしておきます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

アニメ感想(金曜深夜) [アニメ 06年10月~]

★コードギアス 22話
なんで、なんでこんなことになっちゃったんでしょう。
ギアスのせいですか?
危ない力だとわかっていてギアスを使っていたルルーシュのせいですか?
それでも何もこの時でなくてもよかったじゃないですか。
何もこの時にこんなことにならなくてもよかったじゃないですか。

ユフィの手を取ることを決めたのに、優しい場所を手に入れるための一歩を踏み出そうとしたのに、ルルーシュの意思とは無関係にギアスが発動するなんて。
いくつか言葉にしたうちの一番酷いものに反応するなんて。
なんで。
どうして。
こんな展開なんて望んでいなかったのに。

ユフィの気持ちもルルーシュの気持ちも無視して話は進んでしまいました。
この状態を作ったのは悪意とも呼べる偶然でありルルーシュの意思ではないことをC.C.だけは知っているけれど、それはなんの慰めにもなりません。
せめて、と言って黒の騎士団を動かすルルーシュが切ないです。
殺せと命令するルルーシュの涙が辛くて哀しいです。
なんでルルーシュばかりがこんな目に…。

さて、ルルーシュに感情移入しちゃうともう辛いばっかりなので一旦それは切り離して話を追ってみると。
扇ってばヴィレッタとやっちゃってましたね~。
しかも公私混同してましたね~。
こーゆー男はレジスタンスには向かないと思うので早めに辞めさせた方がいいと思いますよ。
でないと黒の騎士団に被害が出る。絶対に出る。

ルルーシュに恋していないシャーリーは物事をちゃんと見れているようですね。
深入りすると危ないかもしれないとルルーシュと2人で会うことをやめるあたり賢いです。
でもゼロの正体を知っているという爆弾を持っているのは変わらないので今後の動きが気になります。

他に女性で今後が気になるのはキョウトのカグヤですね。
ゼロをとっても気にしているし、桐原氏は日本人皆殺しの犠牲になってる可能性高そうだし、あの手の女の子は決断したら行動も早そうなので、単身黒の騎士団に来ちゃったりするんでしょうか。
OPでは黒の騎士団の中に入ってますもんね。
どうなるんだろうなあ。

今回出番がなかったお留守番カレンは次回で頑張ってくれることでしょう。

日本人虐殺を見てひとり喜んでいたブリタニア皇帝が何を考えているのか早く知りたいです。
シュナイゼルは虐殺に驚いていたので皇帝の意図は知らないみたいですね。
この人も他の兄弟同様父親の手のひらで踊っているだけなんでしょうか。
それより何よりオレンジはいつ使ってくれるのか、きーにーなーるー。

残り1回でとりあえずの終了が来るらしいけどこの状況でどうやって締めるつもりなのか見当がつきません。
ハッピーエンドはないのはわかるので、せめてルルーシュがこれ以上哀しまなくてすむような終わり方を望みます。
たぶん無理だろうけど…。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

アニメ感想(水曜深夜) [アニメ 06年10月~]

★Project BLUE 地球SOS 11話
今回もまた突っ込みなしではいられない展開でしたねー。
それがこの作品の楽しみ方でもあるんですけどねー。

とりあえずビリーにラブフラグが立ってよかったよかった。
でもロッタっていつの間にビリーをそういう風に見ていたんでしょう?
ずっと前からだったのかな?
まあせっかくの幸せカップル誕生なのであれこれ詮索するのはやめて素直におめでとうです。

ペニーは国連軍の使えない大人と一緒に別ルートでバグア遊星行きですか。
予告を見るとマーガレットとは悲恋になるのかな?ってな感じでしたがどうなるんでしょう。
倒れていたワシントンの生死も気になるところ。

意味深に手を震わせているジェームズも気になります。
タイムリミットまであと少しな感じがばりばりに出ていますが、彼は最後まで生き残ることができるんでしょうか。
ユニバースナイトの発進時の敬礼は心の中で「自分もすぐに行きます」なんて大佐に言ってそうな気がするんですけどねぇ。

そして。
唯一のまともな大人だったクレイトン大尉がここに来て退場です。
いい人だったのに…。
いや、いい人だったからこそあーゆーことになっちゃったんですよね…。
しかしお約束展開ばかりな話なのでうっかり助かってくれてたりしませんかね。
無理かなあ。無理じゃないと思うんだけどなあ。

次回はいよいよ最終回です。
最後は「これからの地球の未来は君たち若い力で作っていくんだ」みたいな感じで終わりそうな気がしてなりません。
ここで予想範囲外のことがあると面白いんだけど期待するのはダメ?


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

アニメ感想(月曜深夜) [アニメ 06年10月~]

★Pumpkin Scissors 最終話
最初は良かったけれどその後失速し、後半になって盛り返したけれど最後にちょっと間延びしたので、ストーリーの組み立てはいまいちだったような。
原作知っていると楽しめなかったんじゃないかなー?と思うところも多かったです。
でも私はそれなりに楽しく見れたので総評は普通よりちょこっとプラスで良く出来ましたってことで。
終わり方も無難でしたしね。

アリスの行動が鍵となり貴族の心が動いた展開は、ご都合主義といえばそうだけど人の善意が見れて私は好きでした。
貴族であり三課隊長であるアリスではなく、まじりっけなしの軍人として三課が平民を器物損壊で逮捕というのもよかったです。
そして一番よかったのはオーランドがかわいかったこと!

突っ走るアリスにたまには頼って欲しいというシーンのオーランドは本当にかわいかったですね。
素直に「俺に頼ってください」と言えず遠回しに言うところがもうね!ね!
そしてそんなオーランドに文句を言うアリスがまたかわいかったです。
頼ったのに裏切ったとか、最後は自分ではなくオレルドたちを取るんだろとか、オーランドに甘えているのがわかる台詞がもうね!ね!
最後にかわいい2人が見れて満足でした~。

さて、アニメも終わったのでこれでやっと原作の漫画を買い集められますよ。
物語の続きがどうなっているのか楽しみ楽しみ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

4月アニメは大量 [アニメ 06年10月~]

アニメの最終回ラッシュがそろそろ始まりますね。
となると、次に来るのが新作ラッシュです。
1話を見てから切るか続けるかを決めるつもりでいますが、うちにはビデオデッキが1台しかないので時間が重なっているアニメに関しては事前に選択しなければなりません。
これが大変なんだよねぇ。

曜日と時間と放送局を照らし合わせあーだこーだと悩みながらとりあえず27作品を選出してみました。
1年前の4月は30以上の新作があったことを考えると今回は少し楽かな?
この中でいくつが残るんでしょうね。

今のところ楽しみにしているのは、現場がかなり大変なことになっているらしいのでそーゆー意味ですごく気になっている「キスダム ENGAGE planet」と「ヒロイック・エイジ」です。
「蒼穹のファフナー」が好きだったので同じスタッフさんが作るらしい「ヒロイック・エイジ」には期待してるんですが、応えてもらえるのか、裏切られるのか、さあどっちだ!

NHK教育でやる「ひつじのショーン」も楽しみです。
これはクレイアニメ「ウォレスとグルミット」に出ていたひつじさんの話なんだそうですよ。
クレイアニメ独特の動きでまたあのひつじさんを見れるのかと思うと今からちょっと和んでしまいます。

原作付きだと「おおきく振りかぶって」が気になりますね。
内容が濃いために巻数に対して劇中時間がなかなか進んでいない話なだけにアニメでどう処理するのか楽しみで不安です。

同じ原作付きでもその原作がまだ未公開な「桃華月憚」も気になっています。
これはPC雑誌で漫画になってたのを見て気に入ったんだけどアニメではどうなるんでしょう。うーん?

新作は4/1から始まります。
新年度早々ヒットたくさん!面白い話が多いぞー!ということになるといいな♪


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

アニメ感想(土曜深夜~日曜) [アニメ 06年10月~]

★少年陰陽師 24話
風音の話でした。
六合と心を通わせることができたのが彼女にとって救いになって良かったです。

風音の話だったので昌弘の出番はなし。
次回頑張れ。本当に頑張れ。
辛い展開が待っているけど頑張って…。

太陰の風でひとりだけしりもちついていた玄武がかわいかったです。
今回唯一のほのぼの~。

★京四郎と永遠の空 11話
カズヤ兄さんの絶好調は止まりません。
容赦なく京四郎を痛めつけては「おまえはまったくすばらしい弟だ」「なんてけなげなんだ」「さあ、もっと酔わせておくれ」「ダメじゃないかシロウ。おまえはずっとずっと泣いてなきゃ」

なんてすごい変態なんでしょうね!
京四郎の泣き顔がかわいいことには同意するけどカズヤの趣味嗜好は凡人にはついていけませんよ。
つーか、ついていきたくないです。傍から眺めて大爆笑しているだけでいい。
危険物には近寄らないのが吉。

そんなカズヤに「愚か者」と言っちゃうソウジロウが素敵です。
この人やっぱりいいですねぇ。
ロリでもムツゴロウさんでも甲斐性があるので旦那にするなら断然ソウジロウですよ。
京四郎はもう少し頑張らないとここまで来ないですね。
カズヤは問題外です。
あんな変態さんでは相手は絶対に苦労する。断言できる。

でもあんな変態さんでもワルテイシアにとっては大切な人みたいです。
同じ苦労するにしてもせつなよりはまだましかもしれません。
だってせつなはあんなにいい子なのに幸せにはなれないんですよ?
京四郎のことをとても想っているのにずーっと尽くしてきたのに片思いのままなんて!
誰かせつなを幸せにしてあげてください。
空よりせつな!せつなを幸せにしてあげてぇーっ!

ひみことかおんは両思いなので外野が口を挟む隙なし。
空と京四郎の恋愛には興味がないので、「華麗で強くてでも優しくていつでも笑顔をくれる何があっても必ず勝利する」はずなのにチェーロにふられちゃったカズヤが最後にどうなるのかだけを楽しみに最終回を待ちたいと思います。
もう一波乱あってくれると楽しいんだけどな。

★牙 50話
ノアの望みはゼッドのために何かしてあげられるだけの力を得ること。
それはどこまでも相手を思う優しい心であり、破壊を望むものではなかった。
「助けて、ゼッド」
やっと言えた一言。ノアの本当の気持ち。 
ダイアナに洗脳され自分を見失っていたノアが帰ってきた瞬間。

これだけで!これだけで私はもう満足ですよ!
離れてしまったノアとゼッドが再び親友に戻れることだけを望んでこの話を見続けてきたんですからね!
よかったー!本当によかったー!
これでノアは救われたー!

タスカーに飲まれたノアが正気に戻る切っ掛けが、誕生日にゼッドに贈ったアクセサリーの羽という演出が好きでした。
そのちょっと前にドルガー卿の腰に同じアクセサリーがついていたのに気付いたので余計に印象的でした。
結局ノアはゼッドが大好きで大切で大事で、どれだけ心が変わったように見えてもそれだけは変わらなかったのだとのメッセージがこのアクセサリーに込められていたように思います。
だからこそ死ぬことなくタスカーから解放されて本当によかったです。
代わりにゼッドにタスカーが入っちゃったけどアミル・ガウルがゼッドを見捨てることはないので大丈夫でしょう。うん。

アクセサリーの羽はアミル・ガウルを表し、アミル・ガウルは風を表す。
風に呼ばれてテンプラーに来たゼッドの物語も残り1話となりました。
ゼッドとノアが幸せな未来を手に入れることができるような終わり方を期待します。

しかし。
ジーコの身勝手さにはあきれますね。
すべての元凶はあのじーさんだ!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ
前の10件 | - アニメ 06年10月~ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます