So-net無料ブログ作成
アニメ 07年10月~ ブログトップ
前の10件 | -

アニメ感想(水曜深夜、金曜深夜) [アニメ 07年10月~]

★バッカーノ! 最終話
セラードが作った薬関連の騒動も列車での騒ぎもなかなかに爽快な終わり方でした。
ビーノとシャーネの恋愛に発展しそうな気になるやり取りもよかったし、ジャグジーの覚悟もよかったし、何よりチェスの心が救われたのがよかったです。
アイザックとミリアのおかげで人の優しさに触れることができマイザーからも温かさをもらえて、やっと心の底から泣けたチェスを見てもらい泣きしちゃいましたよ。
いやいや本当によかった。

それにしても、チェスの心を解きほぐしただけでなくジャグジーの戦いの手助けまでしてるなんてさすがはアイザックとミリアだ、としか言いようがありません。
この2人は本当にすごいです。

アイザックとミリアと知り合ったことで変わったエニスが期待通りにセラードに思いっきり歯向かってくれたのもよかったです。
予告通りにフィーロとの仲を見せつけてくれたのもよかった~。
エニスの初々しさがかわいかった~。

いきなり不老不死になってしまったのに永遠に生きるという苦しみを笑い飛ばすフィーロたちの明るさがマイザーを救い、そのマイザーが今度はチェスを救う。
気持ちのいい連鎖です。
ここまで来るのに多くの、そりゃーもう多くの血が流れているけど大団円はやっぱり嬉しいですね。

しかし。
ダラスの行方。イブの判断。
それはこの先を考えると不安になるものでした。
不死者の今後に波乱を呼ぶもののように思えました。
フィーロたちだけでなく船の一件で不死になった者たちも残っているし騒動はまだ続くのでしょう…。

まあそんな不安を一掃してくれるのはいつでもアイザックとミリアなんですよねー。
2001年になるまで自分たちが不老であることに気が付かないところが素敵です。
やってることが昔からまったく変わってないのもいいわ。

総評。
見始めた頃は3つの話が一気に進むことで乱れた時間軸に戸惑い、登場人物の多さに戸惑いましたが、最後まで飽きることなく見れました。
絡み合った糸の見せ方、謎の明かし方がうまくてとても面白かったです。
もう一度1話から見直したい物語です。


★狼と香辛料 最終話
うーん。
レメリオ商会とのやり取りで一応ロレンスも頑張ってはいたけど結局はホロがほとんどを解決してるんですよね。
だからなんでしょうけど、決着がついて終わっていてもいまいちすっきりしないんですよ。
この物語は商売に視点を当てた話だと聞いていたのにその部分があっさりしすぎていて物足りないです。
面白くなかったわけではないけれど期待した分拍子抜け。

ということで総評。
ホロのかわいらしさを伝える話でした。
最初から最後まで文句なくホロはかわいかったです。
それは満足。
でもホロ以外の所でも、もっと見せてほしかったです。
そこは残念。


★灼眼のシャナII 最終話
広げた風呂敷がまったく閉められてないように思うのは私だけですか。
伏線回収がまったくされてないように思えてしかたないんですけど。
迷惑バカップルのこともそうだし、銀のこともそうだし、ヘカテーのことも中途半端だし。
決着がついたのは田中くんと佐藤くんの行く先と池くんの失恋くらいじゃないですかね?
バトルで見せてくれてもこれではねぇ…。

総評。
前半と後半のバランスが悪かった。
もっとテンポよく見せてほしかった。
回収する気がないのならヘタに伏線を張らないでほしかった。
もし3期があったとしても見る気はないです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

アニメ感想(水曜深夜、金曜深夜) [アニメ 07年10月~]

★バッカーノ! 12話
絶対なにか仕出かしてくれるだろうとの期待にしっかりと応えてくれるアイザックとミリアがいいですねー。
セラード側も列車側もどちらもきっちりやってくれましたよ。
ものすごく痛くて陰惨な部分が強い物語なのに2人が動くと一気に喜劇になるのが楽しいなあ。

不死者であるが故に虐待を受け人間不信になってしまったチェスもアイザックとミリアにかまわれてしまったからもう大丈夫でしょう。
なにせアイザックとミリアは人に幸せを与えてくれる存在ですからね。
きっとそう遠くない未来にチェスの気持ちは良い方向へと変わっていけるんじゃないでしょうか。
まあその前に2人のノリについて行けずに疲れる方が先だと思うけど。

セラードに作られたエニスには感情はない。
確かに初めはそうだったのかもしれません。
けれどアイザックとミリアと出会った後のエニスには豊かな表情が生まれていました。
つまり、感情が芽生えているってことです。
フィーロとの出会いもエニスに新たな感情を芽生えさせてくれたように思えます。

たぶんエニスは心を寄せた人に手を出すことができなくて命令違反をしてしまうんじゃないでしょうか。
でもどうせなら思いっきりセラードに反抗してくれるといいんですけどね。
そっちの方がエニスの今後にとっても良いと思いますよ。
で、殺されたと思ったフィーロが生き返ってるのを見てかわいく喜べばいい。
予告から想像すると見ていて恥ずかしくなるくらいに見せつけてくれそうなので、ちょっと期待しちゃいます。

やると決めた後のジャグジーはかっこよかったし、変な世界観と倫理観を持っているレイルトレーサーことビーノも面白い動きをしてくれたし、最終回前の盛り上がりはなかなかなものでした。
何だかんだで愛を貫いてルーアを守って列車から落ちたラッドには次回の出番はなさそうです。
その分アイザックとミリアが出張ってくれそう。
時間軸ごっちゃで始まったこの物語の最後を次回でどうやって締めてくれるのか、わくわくします。


★狼と香辛料 12話
密輸なんて危ないことをやっている割には前半はかなりのんびりした雰囲気でした。
いつものごとくホロの話術が冴えてました。
けれど後半ではまたまた怪しい雲行きに。

帰路途中の森で巨大狼対決が始まっちゃいましたよ。
しかもロレンスはレメリオ商会に裏切られて拘束されて森に捨てられちゃいましたよ。
か弱そうに見えるノーラよりロレンスが役に立たないってどーゆーことー。
悔し涙を流してる場合じゃないと思うんですけどねぇ。
そんなことする前に事態打開策を考えなさいって。

ロレンスがヘタレなのは今に始まったことではないけれど、でもこれではあんまりにも情けない。
せめて最終回では商人としての能力を発揮して見せどころを作ってもらいたいものです。
このままで終わったら見ているこっちもすっきりしないっつーの。


★灼眼のシャナII 23話
バルマスケの目的は零時迷子を利用して徒を生み出すこと。
そのための準備をずっと行ってきた。
敵は用意周到。
対してシャナたちは起こった出来事に都度都度対処するだけで何の準備もなし。

との現状を見る限りでは勝てる見込みがあるようには思えませんよ?
中で動いている悠二くんが何かしてくれるとは思うけど、それでも残り1話でどうにかできる話なんでしょうかこれ。

ちゃんと盛り上がってるから見応えはあるにはあるんですが残り時間があまりにもわずかなため、話の展開よりもこの物語をちゃんと終わらせる気があるのか、といった事に気が行ってしまいます。
前半の牛歩展開にいらいらさせられただけにもし第3部に続く!的な最終回だったら次回があっても見る気はないです。
そんなことがないようしっかりとした最後を希望します。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

アニメ感想(水曜深夜、金曜深夜) [アニメ 07年10月~]

★バッカーノ! 11話
フィーロ、ガンドール兄弟、アイザック、ミリア。
全員がお酒飲んでます。
楽しそうに酒盛りしてます。
もしかして、いや、もしかしなくてもここで飲んだ酒の中にセラードが作ったあの不死薬があったわけですね?
ここで彼らは不死者となっちゃったわけですね?
しかも今までの模造薬と違い本当の不老不死薬を飲んでしまったわけですね?

不死者大量発生ってすごい事態がこんなに賑やかに起こったとは予想外でした。
でも「バッカーノ」という題名から考えるとそう意外でもないのが面白いです。
お酒は百薬の長とも悪魔の水とも言われるわけで、深いなあ。

覚悟の上で薬を飲んだマイザーやチェスと違って予告もなしに不死になってしまったフィーロたちはいつその事実に気付くんでしょう。
そして気付いた時に何をするんでしょう。
とりあえずマイザーと一緒にセラード退治でしょうか。
フィーロはエニスのこともあるから見せ場を作ってくれそうな気がします。
というか、面白そうなのでそれ希望。
アイザックとミリアが加わればもっと面白いことになりそうだからそれも希望。

列車の方はラッドVSシャーネ。車掌さんVSチェスって感じでした。
実力トップ同士がぶつかりあってるため邪魔されることなくジャグジーはあっさりと食堂車を占拠しちゃってました。
どうやらこのまま事態の収拾が行われそうです。
見ているだけで痛いからそれやめてー!と叫びたくなることを車掌さんにされちゃってるチェスの苦痛は収拾どころか始まったばかりな気がしますが…。

そういえばこっちのアイザックとミリアはどうなってるんでしたっけ?
このまま大人しくしているとは思えないので最後に大騒ぎがあるのかもしれません。
期待したいです。

ところで車掌さんのお嫁さん候補はレイチェルじゃなくてシャーネ?


★狼と香辛料 11話
バカップル再び。
ホロの甘え方がうまいというのもありますがどん底に落ちてもいちゃつくことを忘れないのはすごいですねー。
おかげでロレンスは浮上し悪知恵を働かせられるところまで気持ちも復活したようです。

しかし、今回の商売はちょっとどうかと思いました。
自分が助かるために他人を悪事に引き込むのは良い事とは思えないんですけど。

いろんな背景があってそれぞれがそれぞれの利益のために動くのだからいいじゃないか。と言われるとそうとも言えるんですが、なんかすっきりしません。
釈然としないものが残ります。
ロレンスはみんなで笑える結末を望んでいるけどこの作戦はその考えとは真逆な物にしか思えませんよ。

結果がどうなるにしろこの先はあまり気持ちよく見れない気がします。


★灼眼のシャナII 22話
あ、変態、じゃないサブラク生きてた。
まあそれは置いといて。

お母さんの妊娠。悠二くんの名前の意味。と、坂井家の内情が明かされました。
しんみり温かい話でした。
悠二くんに告白すると告げたシャナと口論するヴィルヘルミナの話も温かいものでした。
池くんの告白は予想通りの結末で少し寂しい話でした。

メインとなる悠二くん、シャナ、吉田さんの恋話は決着前にヘカテーの横やりが入ってしまいました。
こんな状態で残り2回。
ちゃんと終われるのかこれ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

アニメ感想(水曜深夜、金曜深夜) [アニメ 07年10月~]

★バッカーノ! 10話
チェスの言葉から考えるに完全であれ不完全であれ不死者となった者は例外なく全員が右手で人を吸収できるってことでいいんでしょうか。
そうでないとチェスの行動が説明できないからきっといいんだろうなあ。

兄思いなのはいいけれど状況が見えてないイブはガンドールにとって思いっきり迷惑な客ですね。
これだから世間知らずのお嬢様は…と言うだけで納まる様な状態ではないのでこの先の展開が気になります。
ところでガンドールっていつ不死になったんでしょう。
覚えてないけど前にそーゆー描写ありましたっけ?

付き合って10年経ってやっとキス。しかも極限まで追い込まれないとしない。
そんなヘタレなジャグジーに呆れます。
まあ本人たちは幸せそうなので外野がどうこう言うことではないんでしょうけどね。 
赤くなってるニースはかわいかったです。

お金と間違って不死薬を手に入れたり、祝砲で撃たれたかと思ったら撃たれたのは帽子だけだったりと、生き様そのものがトリッキーなアイザックとミリアってすごい。
薬を取り返さないといけないけれど2人を傷つけたくないエニスはきっとここから笑える方向で苦労するんでしょう。
というか、そういう風になってくれると楽しいのでちょっと期待します。
で、牧師(神父?)とシスターの格好をしている2人を見て勘違いするフィーロに天然ボケの素質を見た。


★狼と香辛料 10話
なんなんでしょうねこのバカップルは。
見ているこっちが恥ずかしくなるからいちゃつくのはせめて宿屋に帰ってからにしてくれませんかねぇ。
目の毒ってものですよ。
ホントに微笑ましいやら呆れるやらであついあつい。

なんてのんびり見ていた前半と違い、後半のロレンスの転げ落ちっぷりはすごかったです。
ホロはロレンスが心配で相棒として一緒にいただけなのにそれが仇となって借りられるはずのお金も借りられなくなってしまうとはまさに泣きっ面に蜂。弱り目に祟り目。お先真っ暗。
どうするロレンス。

ここであきらめたらロレンスは底の浅い口先だけのダメな男で終わります。
感情のままにホロを怒鳴ったことを後悔するだけの心の余裕がまだあるのなら、目の前に迫っている危機を回避する方法を考えるだけの余力もまだあると思うので何とか踏ん張ってほしいですね。
ホロだって怒鳴られたままでは終わらないでしょうから、次回から始まるであろう反撃に期待です。

ところで、他の人間は通れない道をただ一人通ることができるノーラは羊飼いとして特別優秀ってことなんでしょうか。
それとも何か仕掛けでもあるのか。
そしてそれがどうロレンスたちと関わるのか。
気になります。


★灼眼のシャナII 21話
変態サブラクとの決着がつきました。
なかなかに見ごたえのある戦闘でした。
マージョリーさんのでっかい自在式と切り離した街を業火に包むシャナの攻撃はすごかったです。
でも一番の功労者は誰がなんと言おうと囮となって長時間戦ったヴィルヘルミナだ!
ヨーハンの力を使ったスティグマ破りはかっこよかったですよ。

これ以上踏み込めば確実に危険となる世界から身を引かせようと帰り道を用意したマージョリーさんに対し、自分の信念でそれを思いっきり蹴っ飛ばした佐藤くんもかっこよかったです。
こちらはこれで一段落かな?

バルマスケのことはまだ解決していませんが、どうやらそれより先にシャナと吉田さんの悠二くんをめぐる戦いが先に進むようです。
次回でそれぞれが自分の想いを悠二くんに伝えるみたいだけど、さてどうなることやら。
今までの行動を考えると女の子2人が頑張ったところで朴念仁悠二くんにこの件の決着が付けられる気はしないんですけど。

とりあえず様子見。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

アニメ感想(水曜深夜、金曜深夜) [アニメ 07年10月~]

★バッカーノ! 9話
OPにもEDにも出ているのにあっさり退場しちゃったなあ。とは思っていたけどまさか車掌さんがビーノだったとは!
それだけでなくレイルトレーサーの正体だったとは!
驚きです。
すごくびっくりしました。
あんな人の良さそうな顔をしておきながらえげつない殺し方をするのもびっくりです。
怖いよ車掌さん…。
ところで探してる結婚してくれるかもしれない人ってレイチェル?

チェスがラッドに食堂車の人たちを皆殺しにしてほしいと頼んだのは不死者を見つけるためなんでしょう。
でも、なんでチェスはそこまでして不死者を探し出そうとしているんでしょうか。

始まりの船に乗っていた人たちは右手で人を吸収できる。
だから死にたくないチェスが不死者を探すのはわかります。
けれど、あの船にいた人の顔をチェスは知っている。
チェスが顔を知らない不死者はセラードの模造薬でそうなった可能性が高い。
となると、セラードの模造薬で不死者となった者も同じように右手で人を吸収できるってことなんでしょうか。
だからチェスはそれを恐れて不死者を探している?
それとも別の思惑がある?
わかりません。
次回はチェスの話のようなのでここで何がわかるのか期待したいと思います。

あ、今思ったんだけどフィーロも不死者でしたよね?
となると、薬はどうやって手に入れたんでしょう。
もしかしてフィーロはマイザーが作った本物で不死者になったとか?
見ていけばわかることですが、気になります。


★狼と香辛料 9話
7話はTVでは放送しない仕様らしく前回は8話だったそうです。
だから今回は9話。
ややこしいなあもう。

それは置いといて。
ノーラに関してのホロとロレンスのやりとりはどう聞いても痴話喧嘩でしたねー。
なんだかんだ言いながらロレンスの目が他の女に向くことがホロには気に入らないようで。
すねるホロをかわいいと思っているのか機嫌を取ろうとするロレンス。
そんなにいちゃつくなよと言いたくなる2人の会話が笑えます。
ホロも大笑いしたロレンスのキラーンはよかった。

しかし、ほのぼのムードは街に入るまででした。
街に入った途端に何やら怪しい雰囲気が。
ロレンスが持ってきた武具を見て街の人が変な顔をしたのが気になりますね。
ポロニソからの買い付け、というより武具そのものに何か問題でもあるんでしょうか。

ノーラが街の人たちに避けられているのも気になります。
教会もノーラに対していい顔をしていないのはなぜ?
ノーラはただの羊飼いじゃないってこと?

ロレンスを探している男のこともあるし、不穏な空気でいっぱいなリュビンハイゲン。
これからどうなるのか心配になってきます。


★灼眼のシャナII 20話
コートの下が光ってるわ出現を察知できないわ独り言は多いわなサブラクってなんだか変態っぽくないですか?
違うと言われても私の中ではほぼ確定だったりしますよ。
ずーっとヴィルヘルミナに付きまとってるとこなんてまんまストーカー。
お荷物を抱えて変態と戦わないといけないヴィルヘルミナが不憫だわ!

で、そのお荷物である悠二くんは今回まーったく使い物になってません。
頭脳労働派には激しい戦いは無理なようです。
なのでその鋭敏な感覚を使ってサブラクの弱点をさっさと見つけましょう。
ってことで悠二くん、シャナの活躍は次回に期待です。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

アニメ感想(水曜深夜、金曜深夜) [アニメ 07年10月~]

★バッカーノ! 8話
アイザックとミリアは突き抜けたお馬鹿さん。
論理的思考なんてものは微塵もなく、言ってることもやってることも無茶苦茶。
後先考えずノリと勢いだけで突き進み、その場その場でやりたいことをやる。
うるさくはた迷惑な小悪党。

けれど彼らは彼らなりの一本通った筋を持っている。
彼らなりの信念で動いている。
子供のように無邪気。
だからこそ常人には理解しづらいその思いのままに動く。
それは大きな波を起こし人々を巻き込む。

彼らが起こす波には根本的な所に悪がない。
裏もなければ表もない。
腹に隠すものもない。
あるのはただ素直で率直であきれるほどに真っ直ぐな気持ちだけ。

結果。
どんなに周りに迷惑をかけようともアイザックとミリアは自分たちも知らぬままに人々に幸せを与えることになる。
ジャグジーに勇気を。イブに元気を。エニスには優しさを。
一番必要なものを一番必要な時に与える。

故に彼らは悪党でありながら悪党には見えない。
ただの、愛すべきお馬鹿さん。
あちらこちらで凄惨なことが起こっているとは思えないほどに清々しい波を起こしてくれるお馬鹿さん。

最初に見た時はうるさい2人だな!としか思わなかったけれど、今ではアイザックとミリア大好きです。

★狼と香辛料 7話
ホロはおねだり上手ですねー。
ロレンスはそんなホロに振り回されてるのがかわいいですねー。
でもただのヘタレじゃないのがロレンスのいいところです。
過去の経験を無駄にしないのがいいです。
2人でやった小芝居は面白かった。

前話までの話にクロエが関わっていたように、これからの話にはあの羊飼いの子が関わってくるんでしょうか。
魔術師は怖くないと言っていたホロが羊飼いの子を嫌いな人間と言ったのは若い女の子だったから?
また痴話喧嘩が勃発するんですかね。
それはそれで面白くなりそう。

南下している傭兵団(つーか強盗団)も何らかの形で関わってくるかもしれないし、次回も楽しみです。

★灼眼のシャナII 19話
おおおお。悠二くんすごーい!
冷静に状況を分析し、的確な判断を行い、それに伴った行動でほとんどひとりで敵をやっつけましたよ!
流されるままにぼーーーっとしていた前半に比べたら別人のような働きです。
あまりの変貌に驚かされました。
そして、気持ちを誤魔化していた自分にちゃんと気付けたことにも驚きました。
いやー悠二くんてばここに来て一気に男を上げてますな。

葛藤の末、マージョリーさんに直接別れの言葉を告げることができた田中くんもこれでやっと本当の区切りがつけられたようで。
御崎市が戦いの場になっている以上ちょーっと不安も残りますが、平穏な場所でオガちゃんと幸せになってもらいたいですね。

さて次回はヴィルヘルミナとサブラクの戦いが繰り広げられるようです。
急成長を遂げる悠二くんがこの戦いにどう絡むのか。
面白くなりそうです。

★結界師
最後まで見たので総評。
視聴率は良くなかったのかもしれませんが私は好きでした。

1話からしばらくの間はノリがいまいちで面白みに欠ける回もあったけど、良守くんの成長をしっかりと描いていてかなり見応えがありました。
時音ちゃんへの恋と呼んでもいい淡い、けれどしっかりとした気持ち。
志々尾くんへの反発と和解、そして友情。
有能な兄である正守さんとの微妙な関係もちゃんと描かれていて、笑いあり涙ありのよい作品でした。

最終回を綺麗に締めていたのも好感が持てます。
白と姫の最後は綺麗過ぎてちょっと卑怯なくらいでした。
特に姫。
志々尾くんのことがあってもあんな風にやられたら憎めないですよ。

安心してわくわく見れるアニメが終わってしまって本当に残念です。
烏森や結界師の謎がほとんどが明かされないままになってしまったのも残念。
できるならもっとアニメを続けていろいろと解明して欲しかったです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

アニメ感想(水曜深夜、金曜深夜) [アニメ 07年10月~]

★バッカーノ! 7話
なーるほどー。
マイザーとチェス、それにセラードは同じ時同じ場所で薬を飲んだんですね。
すべてはここから始まったわけですね。
で、列車内にいる黒服たちのリーダーがヒューイで、ここでも繋がってるわけですか。
なるほどなるほど。

始まりの物語が語られたことでずいぶんと見通しがよくなりました。
登場人物が新たに増え謎もいろいろ残っているけど、もやもやしていた一部が晴れただけでもすっきりです。
次回はアイザックとミリアが派手に動くようなのでまた何かわかるのかもしれません。
楽しみです。

それにしても、マイザーが呼び出した存在ってなんなんでしょう。
不老不死のすべてを人間に教えることで何をしようと、何を得ようと?しているんでしょう。
「今度こそは」との台詞が意味するものとは?
事の発端を作った存在なだけに気になります。

★狼と香辛料 6話
ロレンスってヘタレてるけど頑張ってていいなあ。

ホロの本当の姿を見て恐れ脅えるのはホロの気持ちを考えるとひどい仕打ちだと言えます。
けれど、人間以上の存在に対する畏怖や畏敬の気持ちを抑えないロレンスは人としてとても素直であるとも思います。
そんな素直なロレンスだからこそ恐れながらもホロの寂しさを思い出し、受け止め受け入れようと行動することができたのではないでしょうか。
言葉はどこまでも商人としてのものだったけど、どんな気持から出てきた言葉なのかわかったからホロはロレンスの元に戻ってきたのではないでしょうか。

出会って間もない2人の間に築かれたしっかりとした信頼関係。
それがよくわかるいい話でした。
ホロもロレンスもかわいかったです。
ほのぼのしました。

横恋慕クロエが関わった一件が落ち着いたことで次回から新たな旅が始まりそうです。
今度はどんな話になるのか楽しみです。

★灼眼のシャナII 18話
なんと言うか、悠二くんはいつも問題を起こす人ですな。
本人が望んでそうなったわけではないミステス云々は仕方ないけれど、今回のこれは悠二くんのせいですからねぇ。
しかも、なんでシャナと吉田さんが怒るのかわかってないのが始末に負えないです。
こーゆーことは周りがどれだけ口を出そうと本人が気が付かないことにはどうしようもないので見守るしかないけれど、はたして悠二くんは気付くんでしょうか。
マージョリーさんが言った「覚悟は腹で決めるもの」との言葉の意味がわからないようでは見込み薄い気がしますけど。

ともかく、悠二くんの変化が今後の展開の大きなカギとなりそうです。
追い討ちをかけるように敵が来たことで悠二くんはどう動く?


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

アニメ感想(火曜深夜~水曜深夜、金曜深夜) [アニメ 07年10月~]

★シゴフミ 5話
今回は受取人が猫だったためか、誰も不幸に見舞われませんでした。
小さな不幸はあるにはあったけど笑ってすませられる程度のものでした。
毎回こんな内容なら見ていて嫌な気分にならないのになあ。

正当防衛と称して容赦ない反撃をするとか失神してしまうくらいに猫が苦手とかフミカが今までになくかわいかったし、ぜひともこの明るさを保ってもらいたいです。
でもそれは無理なんでしょうね。
次回予告は今まで通りに暗かった…。

ところで、病室で眠る美川フミカを見てフミカが驚いたのは自身のことを知らなかったからなんでしょうか。
だから「どうして年を取るの?」とのチアキの質問に答えなかった、というか答えられなかった?
この件、ちょっとだけ気になりました。

★バッカーノ! 6話
アイザック、ミリアとエニスの出会いはわかりました。
わかったけど前回の最後でアイザックが撃たれたのはこの出会いの後ってことでいいんでしょうか?
時間軸がわからないから混乱します。
何が先に起こったのか後に起こったのかわからないから頭の中整理がつきませーん!
騒がないジャグジーだといらつかないですむことはわかりましたけど。

で、伝説的殺し屋ビーノがレイルトレーサーなんでしょうか?
しかしガンドールとルノラータの抗争に関わる人以外も手当たり次第に殺しまくっているように見えるのでこの2つに接点はないのかもしれません。
でも名前が出てきたタイミングから考えると無関係でないような気もします。
実際はどうなんでしょう。
気になります。
作業服の女性に何を耳打ちしたのかも気になるところ。

ダラスに注射されたのが不死者を作る薬なのかも気になるし、チェスが探す不死者が誰なのかも気になる。
気になることだらけなので早く次回が見たいです。

★狼と香辛料 5話
メディオ商会がホロを捕まえたのは、ロレンスを逃がすため囮となってホロが出てきたから。
脅しの材料に使ったのは、ホロが人間ではなかったから。
そこにクロエの思惑も絡まってこーゆー展開になったってことなんでしょうか。

なんというか微妙な三角関係ぽい気がしますよ。
つーかクロエの横恋慕というか。
ホロに向かって言った言葉は本心なんでしょうが、それ以上にロレンスが自分以外の女性と旅をしていることが気に食わなかったんじゃないのかなーなんて思ってしまいます。
実際2人はいい雰囲気ですしねぇ。

副題通りの痴話喧嘩はかわいかったです。
きっとホロは助けにきた相手をロレンスと間違えて抱きつくなりなんなりしたんでしょう。
約束通りに来てくれたと思って嬉しかったのに違ったとわかって落胆したんでしょう。
だから気持ちのままにロレンスに噛みついたと。

その噛みつき方も素直さが前面に出ているからかわいいんですよねー。
しゅんと垂れた耳は本当にかわいかったです。
気を取り直してロレンスをおちょくる姿もかわいかった。
手玉に取られてるロレンスは面白かった。

メディオ商会とのごたごたはまだ完全には収まってません。
ここからクロエがどう関わりロレンスとホロはどう動くのか。
次回も楽しみです。

★灼眼のシャナII 17話
今回は戦闘はなくても話のテンポがよくて見応えがありましたね。
田中くん、佐藤くんの苦悩と葛藤の末にたどり着いた決意がちゃんと伝わってきました。
歩きだしたそれぞれの道を光と影で表したのもよかったです。

一方で何やら急に腹を据えて頑張り出した悠二くんには危うさを感じました。
前回までのぼんやりとした性格がいきなり変わっていますよ。
この変化が悪い方に転ばないといいんですけど、うーんちょっと心配。

ますます恋愛事から遠ざかっている悠二くんを想う吉田さんも心を決めてきているようで、こちらもちょっと心配です。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

アニメ感想(金曜深夜~土曜深夜) [アニメ 07年10月~]

★灼眼のシャナII 16話
フィレス性格悪っ!根性悪っ!
自分とヨーハンのこと「しか」考えてないところがものすっごく嫌です。
人の弱みにつけ込むところも嫌だ。
惑わされるな吉田さん!
そんなペンダントは捨ててしまえー!

しかしです。
吉田さんの気持ちはわからないではないけれど相手である悠二くんがあまりにあまりなので、むしろペンダントよりその恋心を捨ててしまえ!と言いたくなります。
シャナもねー。悠二くんにこだわる必要ないと思うんですよねー。

大体悠二くんのどこがそんなにいいのかわかりません。
女を何人も惹きつけるような魅力がどこにあるのかさっぱりです。
悠二くん個人にではなくトーチでミステスで零時迷子持ちという特異な存在に惹かれてるだけというなら納得できるんですけど。

ずーっとごちゃごちゃしているシャナ、吉田さん、悠二くんだけでなく次回はマージョリーさんの件で佐藤くんと田中くんまでもがもめるようで。
見ていて疲れる展開はいつまで続くんでしょう。
いい加減すっきりしたい…。

★君が主で執事が俺で 5話
えー。
言いたいことはわかるけど説得力がない内容だったので今回もつまらなかったです。
1~3話のようにがんがんに暴走していたなら中身が薄くてもそこそこ楽しめたと思うんですけどそれすらないのでは…。
ってことで感想書くのはもうやめます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

アニメ感想(火曜深夜~水曜深夜) [アニメ 07年10月~]

★シゴフミ 4話
死者からの手紙なだけあって内容がどうであろうとシゴフミは不幸の手紙ですね。
死人は出なかったけど今度は火事が起こってますよ。
受取人に必ず災厄をもたらすなんて迷惑極まりない手紙だなホント。

自分を捨てたと思っていた母がずっと見守ってくれていたことがわかり愛情を得られてほのぼの。って感じで終わっていますが、そこに至るまでが鬱々としていたので綺麗に納まった感じがしないです。
なんかこう胸にもやっとしたものが残ってます。

今回の主役が異性を拒み同性を好むようになった理由もね。
母親への反感、拒絶からそうなったって言いたいんでしょうけど説得力がないですよ。
百合にする必然性が感じられない。設定が薄い。

フミカの正体についても驚くような展開ではなさそうです。
今後もあまり期待できそうになくてつまんないです。

★バッカーノ! 5話
ジャグジーって騒がないで動くことはできないんですかね。
もう少しだけでいいから落ち着いてくれると見てるこっちもイライラしないですむのになあ。
リーダーとなるだけのものはちゃんと持っているようなのにあの五月蠅さのせいでどうしてもダメな子のレッテル貼りたくなっちゃいます。

時間軸が相変わらずわからないのでどの話が先に起こったことなのかちんぷんかんぷんなんですが、えーっととりあえずセラード怖っ!バーンズさん吸収されちゃったよ!
エニスがセラードに作られたホムンクルスって事実はどこに繋がるんでしょう。
フィーロの方?それとも列車?

そういえば、エニスは兄弟がいるとか言ってませんでしたっけ?
もしかしてレイルトレーサーもホムンクルスだったりしますか?
前回の最後にいた列車に張り付いていたモノは窓の外に逃げた作業服の女の人かと思ってたけどそうじゃなさそうだし、その線はありそうな気もします。

ところであの傷の治り具合からするとマイザーさんは例の薬服用済みなようですね。
ではいったいいつ薬を飲んだんでしょう。
もしかして幹部はみんな薬を飲むとか?
となると、不死者はマフィア関係者ばかりってこと?
謎です。

祝砲に撃たれたらしいアイザックがどうなったのかも今のところは謎です。
それにしてもおいしい倒れ方だなアイザック。

★狼と香辛料 4話
うーん。ホロがかわいい。
商売だ取引だミローネ商会だメディオ商会だなんてことよりホロのかわいらしさの方に目が行きます。
あのしょげた耳が特にかわいいよ!

何百年もの命を持つホロだからこそ一人の寂しさがこたえるんでしょう。
自分のそばに誰もいない。
それがただの夢なら、目を覚ませば誰かいるなら耐えられても、夢でも現実でも一人きりでは孤独は増すばかり。
もう一人は嫌なのだとロレンスにすがる気持ちはわかります。

そんなホロの寂しさを受け止められるだけの優しさを持っているロレンスなら2人はこの先も仲良くやっていけるでしょう。
でもまずは目先の危機をどうにかしないといけませんが。

メディオ商会の目的がホロであるのはわかりましたが、なぜホロの正体を知っていたのかがわかりません。
ホロが少女の姿を取ったのは久しぶりのはず。
今のホロと賢狼ホロを結び付けられる人はいないはず。
昔馴染みはみんな死んでしまったとホロ自身も言っていたし、これはどういうことなんでしょう。
誰がホロを知っていた?
ホロの知り合いの子孫か何か?

次回が気になります。
副題の痴話喧嘩ってどーゆーことになんでしょうね?


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ
前の10件 | - アニメ 07年10月~ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます